世界有数のクラウドレンダリングサービス 『FOX Renderfarm(フォックスレンダーファーム)』 Lightwave対応のレンダリングサービスを開始

公開日:2016年 8月10日


株式会社イーフロンティア(本社:東京都新宿区、代表取締役:安藤 健一)は、アジア最大のレンダーファームFOX RenderFarmを展開するRAYVISION社は、これまでのMaya、3ds Max、Softimage、Cinema 4D、Houdini、Vue、Sketch UP、Blenderに加えて、LightWaveのレンダリングサービス対応開始を本日正式にアナウンス致しました。それに準じて、日本国内での同サービスを開始致します。

■FOX Renderfarm とは

RAYVISION社は2500台(各2CPU構成)のサーバーを有するアジアNo.1のレンダーファームで、2009年に創業、中国国内向けにRENDER BUS、インターナショナル向けにFOX Rendefarmの二つのブランドを持つ同社は、国内外合わせて、北米、アジア、インド、中東に至るまで30,000超の顧客を有しております。2015年にはアリババグループからの資本参加もあり、2016年末にはサーバー4500台態勢にほぼ倍増する計画です。
また、ハードウェア面はもちろんのこと、特筆されるのが、料金及びサービス体勢です。料金はデータのアップロード、レンダリング画像のダウンロードなどで追加料金がかかることがないレンダリング時間のみのチャージで、非常に競争力のある価格に設定。サポートに関しても、365日24時間のシーンのエラーチェック、レンダータスクの監視はもちろんのこと、ある程度の規模のプロジェクトでは、ハリウッドでの制作経験者も交えてプロジェクトチームを構成し、プロジェクトマネージャーの下に、コーディネーター、テクニカルディレクター、ITマネージャー、サービススタッフ、ビジネスデベロップメント&リサーチディレクターを配置した完璧な人員体勢で、納品までをサポートします。

<掲載用連絡先>
本資料の内容に関しましては、メディアへの掲載はご自由にお使いください。
株式会社イーフロンティア http://www.e-frontier.com/

<お問い合わせ>
株式会社イーフロンティア
〒160-0004 東京都新宿区四谷四丁目3-20 いちご四谷四丁目ビル6階
お問い合わせ:pr@e-frontier.co.jp
担当 シニアプロデューサー 並木 茂

<掲載用連絡先>
株式会社イーフロンティア
http://www.e-frontier.co.jp/
<プレスからのお問い合わせ>
株式会社イーフロンティア
〒160-0004 東京都新宿区四谷四丁目3番20号 いちご四谷四丁目ビル6階
広報担当:pr@e-frontier.co.jp

記載されている製品名・会社名・サービス名・ロゴは、各社の登録商標または商標です。

このエントリーをはてなブックマークに追加