「ウイルスキラー」シリーズアンインストール方法

最終更新日:平成25年5月1日

Windows 7の場合:図による解説(PDF)はこちら

Windows XPの場合:図による解説(PDF)はこちら

以下の手順で、完全削除を行うことができます。

  1. .コントロールパネルのプログラムの追加と削除(プログラムと機能)からアンインストールして下さい。
  2. スタートメニュー→コントロールパネル→プログラムと削除を選択してください。
  3. アンインストール画面が表示されますので、購入されたウイルスキラー製品に応じて、該当項目を削除してください。

    (該当する項目)
    ・ウイルスキラーインターネットセキュリティ
    ・ウイルスキラーデプロイメントシステム
    ・ウイルスキラー
    ・ウイルスキラーPersonalFirewall
    ・ウイルスキラーツールバー

    2010年以前の「ウイルスキラー インターネットセキュリティ」シリーズをご利用のお客様は下記のプログラムを削除してください。

    ・アンチウイルスアップグレードファイル
    ・パーソナルファイアウォールアップグレードファイル
    ・ウイルスキラーデブロメントシステム

    ※ウイルスキラーデブロメントシステムは、インストールされているウイルスキラーのバージョンによっては表示されない場合がございます。

    ※その他にウイルスキラーに関連したプログラムがございましたら併せて削除をお願いいたします。

    ※アンインストール画面で「ユーザーの設定ファイルを保持する」という項目が表示されますが、こちらのチェックは外した状態で、アンインストールを進めてください。

    ※アンインストールの際に表示されるウインドウで、[完了]ボタンをクリックする前に、「インストールフォルダを削除する」にチェックを入れてアンインストールを実行してください。チェックがオフの場合には、完全に削除できない可能性がございます。

PCを再起動してください。
ウイルスキラー製品ではインストールを行うと以下のフォルダへ設定ファイルとフォルダ作成いたします。
アンインストールを行っていただいた後に、該当部分をご確認いただき、ファイルやフォルダが残っている場合は削除してください。

■Risingフォルダの削除

ウイルスキラーのプログラムは、以下の場所へプログラムをインストールいたします。
環境により「Rising」フォルダが残る場合がございますので、手動での削除をお願いいたします。

インストール先:

C(ドライブ名):¥Program Files¥Rising

■設定ファイルの削除

Windows XPの場合:
フォルダの「ツールメニュー」→「フォルダオプション」→「表示」タブ内にある詳細設定より「ファイルとフォルダの表示」の項目を「すべてのファイルとフォルダを表示する」に変更してください。
「C:¥Documents and Settings内」に「All Users」か「コンピュータのアカウント名」のフォルダが表示されます。

そのいずれかのフォルダ内の「Application Data」フォルダに「Rising」フォルダがございますのでフォルダをゴミ箱にて削除してください。

Windows Vista、7の場合:
スタートメニュー→コントロールパネル→「フォルダオプション」→「表示」タブ内にある「ファイルとフォルダの表示」の項目を「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」に変更してください。

「C:¥」内にか「programData」フォルダが表示されます。
そのいずれかのフォルダ内に「Rising」フォルダがございますのでフォルダをゴミ箱にて削除してください。