Indigo Render Suite ダウンロード版

OS:Windows

標準価格:20,700 円

在庫:△

20,700 円(税込)

カートに入れる

「Indigo Render Suite ダウンロード版」は、「iClone Indigo Render Plug-in」と「Indigo RT for iClone」のセット商品です。ご購入いただくと、それぞれのシリアルコード(合計2種類)が発行されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

インディゴRTにより、iCloneで高品質なレンダリングが可能になりました。
キャラクター、小道具およびシーンを優れた品質で表現することができます。

「Indigo Render Suite」には、「Indigo Render Plug-in」、「Indigo RT」が同梱されています。

Indigo Render Plug-in


極めてリアルなレンダー
iCloneでフォトリアリスティックな、また映画のワンシーンのようなプロジェクトを作成できるようになりました。 高品質なレンダリングが可能なインディゴRTにより、キャラクター、小道具およびシーンを優れた品質で表現することができます。革新的な新しいレンダリングオプションとして、iCloneのインディゴマテリアルの自動マッピングが含まれています。高度な材料調整と強化ができる、すぐにオブジェクトの外観を定義します。スカイライトと複数の光の設定が、光度の種類が発光、半透明、または光伝送されるかにより、正確な、また現実的な光動作を保証します。カメラDOF調整とトーンマッピングは、優れた照明とレンダリング品質を組み合わせることで、生き生きとした驚異的なストーリービジュアルを作成します。

ワンクリック変換
物理演算に基づくレイトレース レンダリングは3Dシーンにフォトリアリスティック品質を実現しますが、リアルタイム エンジンとレイトレース レンダラーの素材設定は非常に異なります。 この独自のワークフローを効率化するため、ReallusionではiCloneとIndigoの間に自動シェーダ マッピングを提供します。 ワンクリックするだけで、レンダーはシェーダ情報を自動的に変換して、正確なシェーダ解釈を最終レンダーに供給します。 ご使用のiCloneキャラクター、プロップ、およびシーンが以前と全く違って見えるようになります!

Indigoシェーダ プリセット
光沢透明などの自動変換規則によってカバーされないレンダーモードに、最大限の品質とリアルさをもたらすために。
Diffuse TransmitterまたはCoatingなどのiClone 6レンダー プラグインは、一連のIndigoシェーダ プリセットを提供し、それぞれに固有のスライダーによってご使用のレンダーを微調整し、最高の結果を実現できます。

ダウンロードの拡張
Indigoは大量の無料素材データベースをオンラインで提供しており、あなたはダウンロードできます。 これらの素材は多様で優れたビジュアル結果をIndigo内のiCloneオブジェクトの外観に与えることができ、しかもiClone内のオブジェクトのオリジナル素材に影響を与えません。


iCloneからのライト
シーン全体のレンダーに、現在のiCloneプロジェクトのライトを使用するか、Indigoによって供給されるデフォルトのライトを使用するかを決定できます。 Indigoでのレンダリングに、iCloneから追加のライトを加えたい場合は、1つまたは複数のライトを選択し、希望するライトのサイズを決定して、プロジェクトとともにそれらをIndigoにエクスポートします。

Indigo Emission Light (発光ライト)
Indigoの世界では、ベース発光機能をオンにして調整すると、オブジェクトを魔法のように輝かせることができます。 ベース発光パラメータは、素材が発光するライトの基準量 (ルーメン単位) を指定しますが、発光パラメータを使用してこれを変調することができます。 これは光源を作成するために使用されます。 発光パラメータはテレビ画面などの効果を生み出すためにベース発光を乗算しますが、明るさはテレビ画面の表面で変化します。 与えられた量によって素材の発光に倍率をかけるには、発光スケール パラメータを使用できます。 様々な光度測定単位が使用できます。

Indigo Sun and Sky (太陽と空)
Indigoは非常に正確な空間シミュレーションに基づく先進の太陽と空システムを特徴としています。 
自然な青い空や沈む赤い夕日を生み出すために、物理法則から直接計算することにより、このシステムは一日のいつでも極めてリアルな空を生み出します。それも、リアルなだけでなく、高速にレンダーします。


Indigo DOF (被写界深度)
被写界深度 (DOF) は、カメラからの距離に基づいて画像の一部をブラーさせることによって生じる現象です。 この写真技法は様々な理由によって利用されます。 浅い被写界深度は、シーンの特定の部分にアクセントを与えるために使用でき、対象の一部を現すことにより、その部分の詳細な情報を与えたり、邪魔な背景の除去が行えます。 広い被写界深度はすべての要素にフォーカスを与えます。 画像は常にカメラの焦点距離で最もシャープになりますが、被写界深度はカメラのFストップで測定された絞りによってコントロールされます。 Fストップ数が小さいほど、被写界深度は小さくなり、Fストップが大きいほど、被写界深度も大きくなります。

INDIGO APERTURE DIFFRACTION (絞り回析)
絞り回析を使用すると、カメラの絞りによる光回析のシミュレーションが可能になります。 このような回析は画像内の明るい光源の周囲にはっきりと分かる「ブルーム」効果や輝き効果を生み出します。

Indigo Tone Mapping (トーンマッピング)
デジタル暗室での作業のように、レンダーしたiClone画像の明るさやカラートーンをコントロールできるようになりました。 Agfa、Kodak Gold、Portra、およびEktachormeなどのフィルム規格をシミュレートする広範囲な設定が提供されており、非破壊トーンマッピングの適用、EV (露光指数) の調整、またはISO値の変更が行えます。 レンダリング段階でリアルタイムの変化を見ることができるので、異なるトーンマップ設定を試したり、ニーズに最適な設定を見つけることができます。

■ サポート・お問い合わせはこちら

http://www.reallusion.com/JP/CustomerSupport/user/FAQList.aspx

■ 製品登録について

製品の登録は、Reallusionのメンバーページからお願いします。
まだReallusionのアカウントをお持ちでない場合は、最初に「新規登録」から無料アカウントを作成後、ログインして製品登録を行ってください。
 
Reallusionのメンバーページ:
https://www.reallusion.com/member/memberreg.aspx?lang=4

(メンバー/製品の登録方法<英語>)
http://faq.reallusion.com/index.php?action=article&cat_id=001003&id=594&lang